アントシアニンとルテインにはどういう違いがあるのか

眼精疲労などに効果がある成分としてブルーベリーが知られていますが、これはブルーベリーに含有されるアントシアニンによる効果になります。さらにほうれん草やブロッコリーに含まれるルテインについても目には非常に効果があります。お互いに抗酸化作用がありますのでどちらも眼精疲労の原因を取り除く作用があります。ですが、成分としては全く別ものであり、そもそも具体的に見ると目に対する働きについても異なっています。どういう違いがあるのか、どちらが眼精疲労に効果があるのかについて説明します。

 

まず、アントシアニンの働きについてですが、この成分には網膜内にあるロドプシンという物質を再生する役割があります。ロドプシンによって目から入る情報を脳につたえてそれが何かというものを認識しますので、ロドプシンがなければ失明をしている状態と同じです。このロドプシンは使われると分解され、分解されると脳への伝達も出来なくなり、それが増えると何が見えているのか判断できずにぼやけてしまうということになります。こんなロドプシンを再生してくれるのがアントシアニンであり、眼精疲労によってぼやけたりするのを防げます。

 

そしてルテインですが、これは紫外線やブルーライトから目を守ってくれます。ですが当たり続けるとルテインも使い物にならなくなりますし体内で生成することが出来ない成分なので食べ物やサプリメントから補給する必要があります。最近ではパソコンやスマートフォンの普及によってブルーライトを見る機会も多くなってきたと思いますのでルテインが非常に大事な成分といえるでしょう。

 

結局のところ、眼精疲労に効果があるのはどちらかというとアントシアニンといわれています。もちろん眼精疲労の原因が、パソコンやスマホなどの見すぎというものであるならルテインを摂取した方がいいといわれていますので、原因を理解した上でどちらを摂取するか選択するといいでしょう。