ルテインと緑内障の関係性について

まず緑内障について簡単に説明しますが、目というのは情報を取り入れて視神経によって脳に伝達します。この視神経に障害を引き起こして視野が狭くなってしまうのが緑内障になります。昔は失明に繋がる病気とされていましたが、今では40歳以上の5%もの人が発症している病気となっています。

 

目というのは血液の代わりの役割を担う房水が流れており、これの量を調整することで眼球内の眼圧が保たれて球体を維持します。この眼圧が正常値を越える高眼圧になると、それによって視神経が潰され萎縮してしまい、異常が引き起こされることで視力低下や視野障害が出てきます。今でも緑内障は失明原因の第一位の病気といわれています。自覚症状が少ないということが非常に問題視されており、まだ気付いていない患者さんが多く居るとされています。

 

前述しましたが、緑内障は失明する危険もあり一度視野が狭まるとその回復は難しいとされています。視野の狭窄を途中で留めるように予防をしなければ最終的に失明してしまいます。対策として重要なのは血流を改善するというものになります。目が疲れたら休ませることはもちろん、しっかりと睡眠をする、また生活習慣を整えるということが大事になります。食生活が悪い方や運動不足の方は改善するようにしましょう。特に適度な運動は多くの健康効果がありますので、是非ウォーキングなどの有酸素運動などを続けることをオススメします。また飲酒や喫煙は、眼圧を上げてしまいますので控えるようにしましょう。

 

緑内障であるとわかったら、症状の進行を止める対策をする必要があります。その上でルテインがいいとされています。ルテインは摂取することによって眼圧を下げる働きがあるとされておりますので食品だけではなく、サプリメントなども一緒に摂取するようにしましょう。